部位や方法によって異なる|脂肪吸引の費用について|アフターサービスが万全な病院で受けよう

脂肪吸引の費用について|アフターサービスが万全な病院で受けよう

  1. ホーム
  2. 部位や方法によって異なる

部位や方法によって異なる

カウンセリング

部位に合った方法を選ぶ

脂肪吸引は美容外科で行うことができますが、いろいろな種類があり、脂肪吸引をする部位や場所によって費用が異なります。種類としては、シリンダ法と脂肪溶解レーザーとボディジェット法などがあります。そして実際に脂肪吸引をするときには、カウンセリングを受けてどの方法が良いのかを決めることになります。もちろん、費用に関してもしっかりと比較をして決めることが大切です。最近増えているのがボディジェット法です。これは脂肪を分解しながら吸引が行われる方法で、施術後の痛みや腫れが少ないのが特徴です。費用的の面では、施術を行う部位によって異なり、80万円前後が相場になっています。部位に関しては、お腹や太ももなどに使えて、しかも脂肪細胞から血管や神経を離して行うため組織を傷つける心配が少ないです。シリンダ法は昔からある脂肪吸引法で、ポンプを使って手作業で行われます。その分時間がかかりますが、吸引量調整などができるため、理想のボディラインを作ることができます。施術費用としては20万円から80万円になります。これに関しても脂肪吸引量によって変わるのですが、シリンダの容量の関係もあり、大量の脂肪吸引には向きません。その代わり部分的な箇所に対して効果的なため、二の腕などに利用されることが多いです。次に、脂肪溶解レーザーはあまり多くない脂肪を吸引するのに適している方法です。レーザーによって脂肪を溶解して吸引するため比較的痛みが少ないのが特徴です。この治療は直径1ミリほどのカニューレを使うため、傷が少なくて済みます。そのため、頬や顎など比較的脂肪の量が少ない部分に使われることが多いです。費用面では20万円から70万円ほどになっています。そして、実際に脂肪吸引をするときには、体質や脂肪の量などによって使える方法が異なるため、実例なども確認しながら決めることが重要です。特に、行う部位や美容外科によって費用が変わってくるので、リスクや仕上がりなども考慮して美容外科を決めることが必要です。そして、脂肪吸引後のアフターフォローに関しても、マッサージや治療などをしっかりと行ってくれるかも選ぶ重要なポイントになります。